IKEA立川に入ったら出れなくなった

今日IKEA立川に行ってきました。

ゴジラのアニメ劇場版をシネマシティで見た帰りです。
部屋のアレンジの参考に一通り見て回った感じです。

しかし、出れなくなってしまいました

入って進むと倉庫 みんなどうやって商品を選んでいるのか?

ニトリのように、入ってぶらぶらしようと思ったのですが、なんだか倉庫のです。

それなのに、皆さん普通に倉庫から商品を引っ張り出して購入している。

なぜその倉庫のその棚に、自分の欲しい商品があるとわかるのか、私は30分
くらいわかりませんでした。

倉庫の中をくまなくうろうろし、購入システムがさっぱりわからないので、
もう諦めて帰ろうと思ったのです。

そこで、2階にショールームがあるとの表示を発見。

ようやく自分が、誤った経路で進んでいたことに気づいたのでした。

2階にショールームがあることに気づく

2階のショールームに入ると、なかなかきれいな感じに仕立てられています。

色々な広さの部屋を想定し、それぞれに似合った形で家具が設置されています。
私も、自分の物件の部屋をイメージしながら、楽しく歩いていました。

歩いていたのですが、ふと思ったのです。

「このショールームはどこまで続くんだ?」

そこで目に入ったのがこの看板。思わず笑ってしまいました。

な、ながい…

いろいろショートカットはあるものの、基本的には入ってしまえば
出口まで歩き切るしか無いようですね。

途中に休憩用の?レストランまである始末。

そもそも長期間滞在することを前提として作られている感がありました。
男女の高校生もいたりして、もしかしてデートコースだったりするのかな?

イケアの家具は優しくない

イケアの家具の面白いところは、その不親切さですよね。

説明書を見ても、組み立て方が正直よくわかりません。
あれこれと四苦八苦しながらくみたてることになります。

最初に組み立てたときは、その組み立てにくさに唖然としたものです。
テレビ台の足を反対に取り付けたのも良い思い出ですね。
(というか、説明書がわかりづらいので、失敗してもしょうがない)

また、例えばカーテンもサイズが殆どありません。
必要な長さに自分で切りましょうというスタンスのようです。
日本の会社なら、窓のサイズに合わせて細かなサイズ設定がされていますよね。

最近ようやく配送サービスが始まりましたが、その地域も限定されています。
また、送料も一律3,000円で、大量購入しないと割に合いません。

イケアは、親切さを結構ギリギリまで削ぎ落としているように思います。

日本式の手取り足取りに慣れていると、イケアの家具購入は正直不親切で
好ましい感じはしません。

それでもなおイケアでイケアで家具を買ってしまうのは、やはりデザインの優秀さ
によるものです。
そして、値段が安いところですね。

つまり、値段の割におしゃれなのです。
(故に、賃貸でも使用できる)

ニトリなどで見る家具に比べ、全体的に洗練られたイメージは明らかにあります。

このように、一般的にはあって当然のもので、実は顧客が望んでいないものを
削ぎ落とし、別の点で付加価値(低価格とオシャレ)を付加することで成功している
というわけですね。

このような、削減と付加は競争力の源泉だと感じます。

私も見習っていきたいものです。

税理士、不動産経営アドバイザー
税理士ですが、一都三県にて不動産経営を第2の本業として取り組んでいます。
不動産の最大の経費は税金ですが、税金だけ見ていても上手く行きません。徹底的な数値化と経験に基づき、個人・法人・銀行・追加取得・売却をトータルに判断するお手伝いをしています。

Follow me!