独立前後のモチベーションの変化

私はいま独立しているわけですが、そのモチベーションの
あり方は勤務時代から大きく変わったと感じています。

これまでの記事とはいささか風合いが異なりますが、
考えてみました。

勤務中のモチベーション

  • 給料

勤務中は時間に対して給与が支払われます。

これを裏返せば、時間さえ潰せばお金が手に入るということ
でもあります。

ああ、今月使いすぎたな、じゃあ来月はちょっと残業するか…
というような思考回路ですね。

  • 上司からの期待

上と下の関係は、組織固有のものです。

この上下の関係は、時に非常に煩わしいものです。

しかし、尊敬できる上司というものは確かに存在し、
この上司から褒められる、期待されるというのはとても
嬉しいことなのです。

このような尊敬できる上司からの期待というのは、
自分の成長を飛躍的に加速できると感じています。

  • 所属

人間、何かしらの集団に所属したいという願望は、結構
根源的なもののような気がします。

ある程度大きな組織で働いてもいましたが、やはり職場の人たち、
会社の看板を背負っているという意識、などは、組織に属さなければ
得られない独特なものでしょう。

また、自分で特に何も考えなくても、多くの目標や指示は組織から
与えられます。
その目標や指示を達成すれば組織内で昇進できるわけですね。

つまり、自分で能動的に自分の行く末を考える必要は正直
あまりありません。

これは、なんだか大きな船に乗っているような感覚で、
結構快適でもあったと感じています。

独立後のモチベーション

独立後は、勤務中の反対のことがメリットになりました。

  • 自分の努力と収入の一致

独立後は、自分の時間を売ることはできません。
ダラダラ過ごしていては、収入0というわけです。

自分の頑張りが直接収入となるのは、ちょっと経験しないと
わからない喜びがありますね。

  • お客様からの期待

組織内では、社外との付き合いが多くなく、どうしても目線が
社内向きでした。

本来は、組織はお客様との付き合いによっ

て維持されていたはずなのですが、
極度に分散し分担された業務の中では、これを感じることはできませんでた。

しかし、独立後は自分の前にお客様がいます。

その反応はダイレクトに伝わります。

感謝の言葉をいただくときほど嬉しいことはありません。

  • 自己決定

独立すれば、何者にも属していませんし、誰も向かう方向を指し示してもくれません。

どこに進むのも、何をするのも自分次第というわけです。

これは心細い面もたしかにありますが、これを遥かに圧倒する快感があります。
自らの命運を自ら手に握っている感覚、これは組織に属していたときには
考えもしないものでした。

今まで、良い高校に入り、いい大学に入り、いい会社に入って来ました。

今になってみると、自分でこうしたいと決めたことはなかったように思います。

自分で自分の行路を決定することが、これほど新鮮で面白いとは思いませんでした。

税理士、不動産経営アドバイザー
税理士ですが、一都三県にて不動産経営を第2の本業として取り組んでいます。
不動産の最大の経費は税金ですが、税金だけ見ていても上手く行きません。徹底的な数値化と経験に基づき、個人・法人・銀行・追加取得・売却をトータルに判断するお手伝いをしています。

Follow me!