500万円の融資のために走り回った思い出 不動産は本当に恵まれている

私は今は不動産専門税理士として仕事をしていますが、
かつては様々な業種を経験してきました。

お客様の融資のお手伝いをすることも多かったのですが、
苦労することも多かったです。

何と言っても、担保がない場合の融資の難しさは並ではありません。

担保無しで融資を受ける困難さ

とある建設会社の孫受けの下請けのような会社でした。

数年前までは順調に利益が出てもいましたが、直近では赤字続き。
立て直しのためにも資金が必要なのですが、日々の資金繰りが精一杯で、
事業立て直しのための資金余力がありませんでした。

あと500万円あれば事業を立て直せるという話になり、
その資金を銀行から融資を受けるべく、私から銀行に電話して回ったのですが、
結果は散々でした。

なぜなら、担保がなかったからです。

足元で資金繰りは悪化していたものの、なんとか持ちこたえていましたし、
債務超過でもなかったため、融資は受けられるだろうと踏んでいたのですが、
見通しが甘かったのです。

正直、担保が全くない人への融資がここまで厳しいとは思いませんでした。

もちろん、社長に破産歴があったりして、銀行から見てお世辞にも
優良な顧客ではありませんでした。
しかし、ある程度の業歴があり、実績もあり、しかし現状苦しんでいるという
だけで、もう本当に話も聞いてもらえないのです。

あらゆる銀行に断られ、最後は公庫に救われた

本店所在地の近隣に支店のある銀行に電話して廻りましたが、
全て無下もなく断られてしまいました。

銀行とはここまで冷たいのかと衝撃を受けたものです。

いかに財務諸表を分析して返済に問題がないかを説明しても、
「いや担保がないと」
みたいな感じで相手にもされないのです。

最後に頼ったのが日本政策金融公庫でした。

ここはやはり公の正確が強いだけあって、門前払いはありませんでした。
じっくりと話を聞いてもらいました。

そして、社長と一緒に公庫の支店に出向き、二人でいろいろと説明しました。

審査自体が甘いというわけではまったくないのですが、そのような説明や
社長の信頼性が伝わったのか、融資を受けることができました。

社長から融資承認の連絡を受けたときは、私もとても感動したものです。

500万円の融資で、小さな会社は救われるのです。

不動産投資がいかに恵まれているか

このことは、不動産投資が事業としていかに恵まれているかの証のように
思います。

不動産投資では、数千万円の融資は普通で、担保評価と属性が合致すれば
数億円の融資も受けることができます。

500万円などはした金程度の印象しかありません。

数千万円の融資を、通常の事業で受けることは本当に大変です。
優れた事業実績や担保の存在などが欠かせませ。

ところが、不動産投資は担保がとれるというだけで、ずぶの素人でも
多額の融資を受けて始めることができるのです。
さらに、その後しっかりとした実績を残せばさらに融資を受けられるように
なります。

最近は融資が引き締まってきたと言われますが、そんなもの普通の企業が
融資に苦労している度合いと比べたら全然大したことはありません。

このような恵まれた事業は日本には他にないのではないでしょうか?

不動産はもちろん大変ですが、本当に恵まれたものなのです。
その恵みをしっかりと享受していきたいものです。

税理士、不動産経営アドバイザー
税理士ですが、一都三県にて不動産経営を第2の本業として取り組んでいます。
不動産の最大の経費は税金ですが、税金だけ見ていても上手く行きません。徹底的な数値化と経験に基づき、個人・法人・銀行・追加取得・売却をトータルに判断するお手伝いをしています。

Follow me!